生前骨壺 “魂手箱” の名前の由来

生前骨壺は自分らしさを詰め込んだ「人生の宝箱」

かれこれ8年「生前骨壺」を制作をする中、時々出会う広告関係の方や男性経営者さんから

「”骨壺”っていう言葉のイメージ良くないから、変えた方がいいよ。メモリアルなんとかとか?葬儀をイメージする柔らかい名前」

と、言われてきました。

「そう言われても実際骨壺だし…、生前骨壺って名前を広めたいと思ってるし。」

と、職人的な頑固さが顔を覗かせて、素直に新しい名前を考えてこなかったのですが…

さすがに、今回は広告関係三人目のダメ出し

これだけ言われるなら、やっぱり良くないのかぁ…と、観念して生前骨壺の新しい商品名を考えることにしました。

考え始めて数日経ち

あら?何かのカケラが降ってきた!

浦島太郎の玉手箱!

皆さんご存知の亀を助けた青年が竜宮城で楽しい時間を過ごし、家に帰ってから乙姫様に貰った「玉手箱」の蓋を開けるとお爺さんになってしまったというお話です。

蓋を開けると歳を取る箱が玉手箱なのか?

と調べてみると、玉・手箱という成り立ちで

よく知っていると思っていた「玉手箱」の意味が
「玉=宝物」を入れる「手箱=器」ということを初めて知りました。

私自身が還暦に近づいて
健康で自由に生きられる残り時間を意識し始めた今日この頃…

人生=生命の時間
これが一番の宝かもしれない…

と思うようになり
この「魂手箱」というネーミングに至りました。

大切な宝=魂(たましい)を入れる手箱で魂手箱

そして、魂手箱(たまてばこ)をお渡しする私は
乙姫さまということになりましょうか?

そこまでツラツラと湧いてきました。

生前骨壺を外国語っぽいカタカナ言葉にしたくなかったので、この名前はとてもしっくりきます。

苦節8年
生前骨壺は「魂手箱」という名前になりました。

昔話らしく、めでたし、めでたし^ ^

余談ですが、子供の頃は乙姫様は悪い美人で、浦島太郎はお土産で騙されてお爺さんになってしまったんだと思ってました(笑)

生前骨壺 魂手箱の詳細はこちらをタップ(クリック)してくださいね